東北地方の紅葉

そびえ立つ岩壁や渓谷とのコラボを楽しめるのは、紅葉の季節・秋ならではの醍醐味!
東北の紅葉スポットは、11月上旬までがお勧めです。

カレンダーにも必ず登場する「奥入瀬渓流」(青森県十和田市)では、緑ゆたかな渓谷を流れる涼しげな夏場とは一味違う風景が味わえます。

日本一深い湖の「田沢湖」(秋田県仙北市)では、周囲の山々とのコラボがお見事!
最上川中流にあり48の滝が流れる「最上峡」(山形県最上郡)では、最上峡芭蕉ラインがお勧めです。
 
また、車窓からの眺めなら、大谷川が刻むV字峡の「鳴子峡」(宮城県大崎市)、紅葉を楽しみながらの散歩には、「五色沼(毘沙門沼)」(福島県北塩原村)がお勧めです。 

さらに、ユニークな紅葉スポットとして、伊達正宗ゆかりの「巌美渓」(岩手県一関市)があり、カゴに乗せられてロープ伝いに届く「空飛ぶだんご(郭公だんご)」が注目されています。

また、東北一の大都市仙台にも秋保大滝など数々の紅葉スポットがあります。
杜の都仙台、高陽時期に行くのもいいですね。

このブログ記事について

このページは、kkoyokoyoが2013年11月 2日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国地方の紅葉」です。

次のブログ記事は「神社・仏閣にある紅葉スポット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。